賃貸オフィスを借りるまでの流れとは?

賃貸オフィスを借りるにはまず何をしないといけないのか?また何が必要なのかなどよくあるQ&Aを見ながら役立てましょう。

賃貸オフィスに関するQ&A

賃貸オフィスを借りる時はどのような審査がありますか?

まず申し込みをしたら、その後に審査を行います。審査にはほとんどの場合、会社の決算書や謄本、概要などの提出をしてから審査をしてもらいます。

会社を起業したばかりですが借りることはできますか?

実績が無くても賃貸オフィスを借りられるかどうかは大家さんによるところが大きいです。例えば同じ条件で物件の借り入れを申し込んでも、10件ダメな場合もあれば1件で借りれたということもあるからです。なので、始めから諦めることなく大家さんとよく話し合うことが重要になります。

どういった手続きが必要ですか?

大阪で賃貸オフィスを借りる際は必ず保証会社への加入が必要となります。保証会社に加入することで万が一の時に保証料を払ってもらうなど連帯保証人と同じような役割になります。

借りやすい

仕事

大阪でこれから会社を立ち上げようとしている人や、既に会社を立ち上げて事務所を見つけようと考えている人が、従来の賃貸契約でオフィスを借りる方法もありますが、より合理的に無駄なく借りるならば賃貸オフィスを利用するのが良いでしょう。大阪ならば、梅田などを中心としてたくさんの賃貸オフィスが存在しており、契約も比較的簡単なことが特徴といえます。

短期契約も可能

オフィスのイラスト

大阪の賃貸オフィスの特徴としては、比較的短期間で借りることができる点です。例えば、1ヵ月間だけと言う契約が可能になります。従来のテナントの場合には、最低でも1年契約のところが多かったため機動力が必要になる仕事の場合には非常に役立つでしょう。それ以外の特徴は、個室などを選ぶことができる点です。個人でビジネスをする場合には、他の会社から隔離された個室を利用することで集中力もアップしますので能率的に仕事ができます。

引っ越しの時は楽

大阪で賃貸オフィスを借りるとき、人気の傾向が伺えますがその理由の1つがOA機器等をわざわざ持ち込まなくて良いことです。特に、これから会社を立ち上げる場合や小規模のビジネスをしている場合には、オフィスの中の電話やファックスそしてコピー機などが使える可能性があります。わざわざレンタルをしたり購入する必要がない点で魅力的です。もちろん、利用するときに決まり事がありますのでその点をしっかり守る必要があります。

引っ越しの時も無駄がない

大阪にある賃貸オフィスには、OA機器以外にもロッカーや場所によってはシャワーなどの施設があります。ロッカー等はわざわざ持ち込む必要もなく引っ越しの時非常に楽です。従来のテナントの場合には、引っ越しをするたびに様々なものを持ち込んでいましたが、その負担が大きく減少するのが人気の理由です。それ以外にも、他の会社のスタッフと同じ空間で仕事をすることもできるため、1人で行うよりもはるかにモチベーションを維持することができることも人気の理由です。